無足場の塗装・防水・調査はロープアクセス専門の4Uにお任せください!

営業時間 9:00〜18:00 042-448-0315

  • ホーム
  • >
  • 4Uコラム
  • >
  • ベントキャップ交換をロープアクセス(ブランコ作業)で

2021年5月28日

ベントキャップ交換をロープアクセス(ブランコ作業)で

足場を組まずに低コストでベントキャップを交換する

高所ロープアクセス(ブランコ作業)による外壁修繕を専門にしている株式会社4Uです。

昨今、台風や横殴りの風雨、ゲリラ豪雨なども増え、今まで起きなかった雨漏りが発生するようになりました。そのためベントキャップから雨漏りが発生する被害が多くなり、今までの主流だったガラリタイプから深型フードタイプに交換する工事が増えています。

こうした雨漏り事例は非常に多くなっており、日々多くのご依頼をいただきます。 今回はそのベントキャップの交換について紹介していきたいと思います。

 

 

ベントキャップとは

ビルの壁面には給気・排気の開口部に取り付けるカバーが付いています。 これがベントキャップです。

雨水の侵入や虫の侵入を防ぐ構造になっており、形状は主に丸型のガラリタイプが主流でした。材質はアルミ、ステンレス、樹脂など様々です。しかし現在は、このガラリタイプのベントキャップを違うタイプのものへ交換する必要が増えてきました。

 

 

雨漏りしやすい形状のベントキャップは注意です

それは、日本では昨今の気候変動により、台風や暴風雨といった大量の横殴りの雨が増えてきたからです。その際、ガラリタイプのベントキャップでは吹き付けてきた大量の雨水を受け入れ切れないのです。

ビルの屋内へと至る給気・排気口の先にあるのは水害に弱いパソコンや書類、精密機械などがほとんどです。また、気付かないうちに屋内の死角で水が溜まれば害虫の温床ともなり得ます。

こうした被害に遭わないためにも新しいタイプのベントキャップへの変更をおすすめしています。

 

この新しいタイプのベントキャップは深型フードタイプと言われ、現在の主流になっています。 深型フードタイプは自然給排気口に被せる深型のフードで、ガラリタイプよりも強風時の雨水の浸水が大幅に軽減されます。

そのほか、水切り付き、風防付きもあり、目的に合わせて様々なタイプも選べるのも特徴です。そのためメンテナンス時など、被害の出る前に交換しておくことをおすすめしています。  

 

 

どんな交換方法があるのか

ベントキャップを交換するには、ロープアクセス(ブランコ)による交換がおすすめです。

ロープアクセスができるかどうかは、問い合わせの際に屋上からの写真を送ってもらうだけで判断するのが弊社の特徴です。ただし写真の角度などによって判断ができない場合は、現地調査をすることもあります。

また、ロープアクセスができないという結論になった場合は、足場を組んでの作業になります。

作業工程は下記のようになります。

1.古いシールをカッターで撤去する。

2.既存のベントキャップをミニバール等で外す。

3.新しいベントキャップを取り付ける。

 

 

低コスト・短工期が可能です

◆工事費用が安く抑えられる

ベントキャップを交換するために仮設足場を設置する場合、足場代だけで最低でも約10万円はかかってしまいます。それに加えて、ベントキャップの交換費用+ベントキャップ代もかかります。合計20万円はいくでしょう。

 

一方、ロープアクセスでは足場代がかかりません。ベントキャップ代は別途必要ですが、弊社での1日の工事費用は10万円となっています。 

・仮設足場を組んだ場合…ベントキャップ代+ベントキャップ交換費用+仮設足場費用(2日以上20万円以上)

・弊社のロープアクセスの場合…ベントキャップ代+ベントキャップ交換費用(1日10万円)

 

ちなみにベントキャップは指定がなければ1個1000円~1500円で用意いたします。特殊な形状の場合、あるいはご指定のメーカーがある場合は5000円前後が相場になっています。

ベントキャップの場所にもよりますが、まとまった場所にある場合は1日に交換できる数は10個くらい。

点在しているとそれだけ時間はかかってしまいますが、もちろんその都度足場を組むよりもロープアクセスの方が工期が短くなります。

 

◆作業性が高い

ロープアクセスの特徴として自由度が高いことがあげられます。 身軽に細かい場所へのアプローチが可能です。 足場に頼ることなく、ロープの届くところならどこまでも職人自らが行けるからこそピンポイントな補修箇所へ飛んでいけます。 さらにはちょっとした壁の塗装の浮きやヒビ割れなどもいち早く見抜いて対応できるのがこの工法の大きな利点です。
ビルの外壁に取り付けられたたった数カ所のベントキャップのみを交換したいといった際に打ってつけなのです。

 

◆安全にできる

ロープアクセスではメインロープとライフライン(命綱)を常にセットで使用します。大切なのは強固な吊元の選定です。不安全な吊元は使用しません。弊社では徹底した安全管理で行うため、過去に事故を一度も起こしていません。

 

 

まとめ

ベントキャップとは、ビルの外壁に取り付けられた給気・排気口のカバーにあたる物で、今まではガラリタイプといわれる物でした。

しかし昨今の気候変動により、このガラリタイプでは浸水被害などに対応できなくなって来ました。そこで、深型フードタイプが上位互換として交換する必要が出て来ました。

 

そんな際、ベントキャップの交換方法として仮設足場工法や無足場工法などが挙げられますが、ベントキャップというビルに数カ所ほどしかない、小さな部品の取り替えに大掛かりな工事は不向きです。そこで最も適した方法となるのがロープアクセス工法となります。

 

弊社のロープアクセスは安全性が高く大手企業様にも認められている数少ないロープアクセス工事会社です。 創業以来重大災害はもちろんゼロです。 ベントキャップの交換をお考えの方はまずは弊社にご相談ください。


株式会社4U
TEL 042-448-0315
FAX 042-448-01443
mail info@4-u.co.jp

関東一円業務エリアです。
遠方は出張対応も可能です。
お気軽にお電話ください!





to_top

bnr

bnr

株式会社4U

本社:〒204-0002 東京都清瀬市旭が丘3丁目343-46

Mail/info@4-u.co.jp

©  4U inc. ALL RIGHTS RESERVED.