無足場の塗装・防水・調査はロープアクセス専門の4Uにお任せください!

営業時間 9:00〜18:00 042-448-0315

2019年6月25日

袖看板などの看板撤去費用・点検費用まとめ

袖看板をはじめ、隔週看板設置しているビルオーナー様、管理会社様へ

老朽化した袖看板の撤去問題は年々大きくなっています。

看板は一般的に「屋外広告物条例」という自治体ごとの条例で、 設置の許可や定期的な安全確認などが義務付けられています。しかし、これは一定の大きさや高さを超えるものにしか適用されず、それ以外の街中で見かける通常の看板の多くは規制の対象から外れており、安全対策がなされていないものも多いのが現状です。


こうした規制のない看板は全国の看板の7割を占めているともいわれており、問題となっています。国が管理できていない以上、私たちが自分で気を付けるしかありません。

そもそも袖看板の寿命とは?

袖看板とは、上の写真のようにビルの壁から突き出しているような看板です。そのビルに入居しているお店などが一目でわかるため大変便利なのですが、老朽化に伴う耐久性の低下が懸念されています。


袖看板の寿命は、一般的に20年といわれています。20年を過ぎた袖看板は錆びが目立つようになり、見た目の点でも耐久性の点でも問題となります。


もしそのままにしている古い看板があれば、点検の上、撤去や補修、新設もぜひご検討ください。

看板の撤去費用や点検・補修費用はどれくらい?

ここでは、袖看板・文字看板・シート看板の撤去を弊社にご依頼いただいた場合の費用感や、点検・補修費用などについても紹介します。見積もりは無料です。

袖看板の撤去費用(サイズ別)

看板のサイズは大まかに3m、6m、9mに分けることができます。

  • 3m 40万円
  • 6m 45万円
  • 9m 50万円


上記金額は、看板の幅1m以内、設置している高さは30m以内(ビル9階以内)を想定しています。撤去した看板の処分費も含まれています。


例えば、6mサイズ(45万)を撤去する場合の内訳は下記のようになりますので、参考にしてください。

6mサイズ袖看板・撤去費用の内訳

  • 仮設費 10万
  • 看板撤去費 25万
  • 廃材処分費 3万
  • 地上警備員 2万
  • 外壁補修費 5万

合計 約45万円


※看板の幅1m以内、設置している高さは30m以内(ビル9階以内)を想定。撤去した看板の処分費も含む

袖看板の点検費用(ロープアクセスによる)

  • 調査+報告書込み 12万円(税別)


袖看板の補修費用

具体的な補修内容によって異なりますが、費用は次の通りです。

  • ビスの補修、簡単なサビの補修、ボルトの増し締め 15万円(税別)


文字看板の撤去費用

文字看板の撤去費用は、次の通りです。

  • 5文字 20万
  • 10文字 30万


※1文字あたりの大きさが1m×1m~1.5m×1.5mを想定

シート看板の撤去・新設費用

シート看板(カッティングシートや塩ビシート)の撤去・新設費用は、次の通りです。

  • 撤去費用 20万
  • 新設費用 25万(材料費込み)


※約20平米の場合

看板の撤去のためにまずは点検を

袖看板の撤去費用をお伝えしましたが「袖看板を撤去したい」とご連絡いただくということはあまりなく、現在の状況を点検してほしいというお問合せがほとんどです。


ロープアクセスによる袖看板の点検は、足場を組む必要がないため1日で終了します


実を言いますと、点検して撤去を決められるケースというのは1割未満です。


しかし、 落下事故という最悪のケースを避けるために、 現在の状況を知っておくことは重要です。


袖看板を点検して発覚する問題としては、ボルトの緩み、ボルトの落ちなどで、これらの補修をすることが多いです。ビスがまるっきりなくなっているケースもありました。


私たちはこれまで数百件ほどの袖看板の点検を行ってきましたが、補修が全く必要ないというケースは1件もありませんでした。


袖看板というのはそれほど手付かずに残されており、劣化が進んでいるのです。


袖看板は、最悪のケースの場合人命にも関わる問題です。


点検を行っていないというビルオーナーさんには早めの点検をお勧めいたします。

看板工事の施工事例はこちらから。

to_top

bnr

bnr

株式会社4U

本社:〒204-0002 東京都清瀬市旭が丘3丁目343-46

Mail/info@4-u.co.jp

©  4U inc. ALL RIGHTS RESERVED.