無足場の塗装・防水・調査はロープアクセス専門の4Uにお任せください!

営業時間 9:00〜18:00 042-448-0315

  • ホーム
  • >
  • 4U日記一覧
  • >
  • ロープアクセス工法はオフィスビルやマンションの窓ガラス交換にも活躍します!

2021年7月12日

ロープアクセス工法はオフィスビルやマンションの窓ガラス交換にも活躍します!

こんにちは、ロープアクセス工法を用いて壁の点検や補修を行っている株式会社4Uです。

ロープアクセスとは、ロープで固定された作業員が高所での作業を行うことです。もちろんロープアクセスでできる作業は壁の点検や補修だけではありません。いろいろな作業ができるのですが、今回はそのひとつ、オフィスビルやマンションの窓ガラスの交換のお話です。

特にFIX窓の交換の際にロープアクセスは威力を発揮します!

建築業界の人にとっては当たり前ですが、FIX窓という言葉を知っている人はあまりいないのではないのでしょうか。しかし、実はみなさんの生活に身近なものなのです。

例えば、オフィスビルやマンションに開かない窓が設置されていると思います。サッシもあって、普通の窓と同じような形状なのに、開け閉めができない窓、それがFIX窓です。天窓や吹き抜けのような高い位置に設置されていることもあります。

このFIX窓が万が一、割れたり、ヒビが入ったときの交換の際に、特にロープアクセスは力を発揮するのです。

高所に取り付けられた窓ガラスの交換にはロープアクセスでの作業が注目されています!

このFIX窓を取り付けるのはいろいろなメリットがあるからです。

例えば、開け閉めができないため防犯性に優れているということです。またすきま風が入ってこないため気密性にも優れています。

しかしネックとなるのがその交換です。開け閉めができないため、外側にある留め具やシーリングの撤去、打ち直しなどをするには、窓の外側から作業する必要があるからなのです。

そのため、オフィスビルやマンションの共用部などの高所に設置しているFIX窓が割れたときには、仮設足場を組み立てたり、ブランコやゴンドラを降ろしたり、高所作業車を用いて作業をするのが一般的です。しかし近年は、ロープアクセスでの作業が注目されはじめているのです。

そのメリットについては次からの項目で紹介いたします。

ロープアクセスによる窓ガラスの交換には多彩なメリットがあります!

ロープアクセスによる窓ガラスの交換が注目されているのは、次のようなメリットがあるからです。

メリットその①費用が抑えられる

例えば、ガラス窓を一枚交換するのにかかる費用は、ガラスの種類や大きさにもよりますが、安ければ数千円からになります。しかしこの数千円の窓を交換するために、足場を組むと数十万円という高額の費用が発生してしまうのです。

しかし、無足場工法とされるブランコやゴンドラ、高所作業車を用いて作業をする場合はこれらの費用が必要ありません。しかも無足場工法の中でもロープアクセスは費用を抑えることができます。それは道路使用許可などの申請が必要ないからです。

高所作業車の使用はもちろん、ブランコやゴンドラでも道路使用許可のほか、道路占用許可などの申請が必要です。これをご自身で行えばいいのですが、業者などに代行すると数万円の代行手数料がかかります。それに比べてロープアクセスなら許可を申請する必要がないため、費用が抑えられるのです。

メリットその②工期が短縮できる

先程の道路使用許可および道路占有許可は申請してから許可が下りるまでに数日間が必要です。書類を集めたりするのにも手間がかかりますし、さらに面倒なのは申請先が異なることです。

道路使用許可は管轄の警察署で、道路占有許可は自治体の役所が窓口になっています。そのため申請しに行き、許可の確認をするのに最低でも2往復はしなくてはなりません。こうした頻雑な業務もロープアクセスでは必要ないのです。

弊社では、ガラス交換の問い合わせをいただいたら、ガラス屋さんを手配して現地調査をさせていただきます。その後、ガラスや部品の手配に数日かかることもありますが、その準備ができましたらすぐに工事に取りかからせていただきます。工事自体はもちろんその日のうちに終了することがほとんどです。

メリットその③ガラス屋さんの手配も行う

これは弊社に依頼したときのメリットですが、弊社ではガラス屋さんの手配も行っています。高所でのガラス交換の場合、ガラス屋さんに直接依頼するケースでは手に負えないと断れることもあります。

しかし弊社にご依頼をいただければ、高所でのガラス交換に慣れたガラス屋さんを手配することが可能です。ガラスの手配や交換の段取りはガラス屋さんが行い、建物の外側から金具の交換やシーリングの打ち直しをするという形で弊社が携わっていきます。

このようにワンストップで対応していますので、マンションやオフィスビルの管理会社さんなどからは大変喜ばれています。

ロープアクセスによる窓ガラスの交換費用はガラスの種類や大きさによって異なります!

ロープアクセスを用いた窓ガラスの交換は、その状況によって費用が変わります。

弊社では、ロープ作業や材料費込みで20万円~承っておりますが、まずは現地調査をさせていただき、ガラスの種類や大きさ、作業の予測などを考慮して見積もりを出させていただきます。

気軽にお問い合わせをしてください。

窓ガラス交換以外にも高所での作業をさまざま行っています!

前述しましたが、弊社ではロープアクセス工法を用いた難易度の高い作業をさまざま行っています。

例えば、下記のような実績があります。

・漏水調査

オフィスビルやマンションなど高い建物の漏水調査にもロープアクセスが活躍しています。水を巻いて雨漏りの場所を特定する散水調査、目視調査などさまざまな方法で雨漏りの原因箇所を特定しています。

・打診調査

建物の外壁タイルや塗装面などを打診棒で叩いて状態を調べることを打診調査と言います。調査を行うことで正確な外壁の劣化具合が分かり、補修の際の無駄な費用を抑えることができます。窓枠やダクトなどは触手によって調査することもあります。

・タイルの張り替え作業

オフィスビルやマンションの外壁はタイル張りのものも多く、経年劣化などで剥がれてしまうと最悪の場合は落下することもあります。すぐに落ちてきそうなタイルを発見した場合、大規模な工事をする時間がないこともあります。そのためロープアクセスを用いて、応急処置としてすぐに剥がれそうなタイルの補修を行っています。

・外壁の塗装工事

斜壁など仮設足場の組みづらい場所での塗装工事の実績も多数あります。弊社のロープアクセス技術が認められ、レインボーブリッジの塗装工事も任されています。外壁以外にも鉄部の塗装や配管の塗装なども承っています。

・シーリング工事

外壁のつなぎ目や窓サッシなどのすきまにシーリング材を埋めていくのがシーリング工事です。すきまから雨水が入ることを防ぎます。

・雨樋の補修

オフィスビルやマンションなどの雨樋も経年劣化や工事不良などで破損していることがあり、そのため水漏れが起きてしまいます。地震の揺れが破損につながるケースもあり、地震後に点検の問い合わせをいただくこともあります。

もちろん窓ガラスの交換だけでも良いのですが、「気になっていたけど後回しにしていた」といったことなどを合わせて作業することも可能です。ぜひこの機会にご検討ください。

最後に

オフィスビルやマンションの高い階に取り付けられている開け閉めのできない窓は、交換が大変です。費用もかかりますし、工期の日数も長くなります。

そこで最近注目されているのがロープアクセスによる交換作業です。

弊社ではガラス屋さんの手配も行っており、ワンストップで対応しております。もちろんFIXガラスだけではなく、普通の窓ガラスの交換も行っています。

また、ガラス交換以外にも外壁の調査や補修、漏水調査などロープアクセスでしかできない高所での作業も行っています。

ガラス交換と組み合わせることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

to_top

bnr

bnr

株式会社4U

本社:〒204-0002 東京都清瀬市旭が丘3丁目343-46

Mail/info@4-u.co.jp

©  4U inc. ALL RIGHTS RESERVED.