無足場の塗装・防水・調査はロープアクセス専門の4Uにお任せください!

営業時間 9:00〜18:00 03-5957-0751

2019年2月9日

フルハーネス原則義務化

フルハーネス特別教育要点)

2019年2月1日より施行

今回の法改正により、

1)レストレイント

2)フォールアレスト

3)ワークポジショニング

という国際的な分類が導入されました。

個人用保護具について欧州(EN)規格を参考にしています。

『墜落制止用器具』という名称の根拠は、国際規格ISOにおける『フォールアレストシステム』を和訳しています。

ちなみに『安全帯』を英訳した『セーフティベルト』なる用語は無いそうです。

今回の法改正の中で墜落制止用器具の規格やJIS規格も見直しが図られます。今後原則として、ISO規格との整合性が図られる予定の様です。

墜落制止用器具の構造が新規格に変わっていく中で、例えばベルト、ランヤードロープの強度が22kN以上になっています。

他の強度はまだ変更が無かったりですが、これから数年かけて徐々にEN規格、ISO規格との整合性が図られるという事なのでしょう。

高さ2メートル以上の作業床がない箇所での作業はフルハーネスの使用が原則になります。

6.75メートル以下は胴ベルト安全帯も認められますが、フルハーネスが推奨されています。

ちなみに労働局に確認したところ、

ロープ高所作業、柱上作業、高所作業車、ゴンドラ作業も原則フルハーネスで、ツリー作業も原則フルハーネスですが、作業に支障が出るような枝の状況ではこの限りではなく、各労基監督署によっても見方が多少変わるかもしれない、現場事情にもよるでしょうとの事です。

現在の安全帯が使える猶予期間、2022年1月1日まではその移行期間として、労働局からは注意程度、法令違反として取り締まることはないとの事です。

まだ始まったばかりの法改正、まだまだ変化しそうです。

ロープ高所作業の法令もより安全に進化することを願うばかりです。

皆様ご安全にっ!!

to_top

bnr

株式会社4U

本社:〒204-0002 東京都清瀬市旭が丘3丁目343-46

Mail/info@4-u.co.jp

©  4U inc. ALL RIGHTS RESERVED.