高所作業にお困りならお気軽にご相談ください!

営業時間 9:00〜18:00 03-5957-0751

4Uは、世界で最も安全なIRATA国際ライセンスを運用し、高所作業の問題を解決するロープアクセス専門のプロチームです。

IRATAとは産業用ロープアクセスのISO22846を唯一満たす国際ライセンスです。資格者全員が1対1のレスキューを習得し、万が一の災害にも迅速に対応します。3年毎に資格更新があり、常に安全な技術を追求しています。その安全性の高さとレスキューに特化したシステムは、世界のメジャー企業に高く評価され採用されています。

4Uが選ばれている理由

1,ロープアクセス専門家

私たち4Uはロープ専門のスペシャリストです。足場施工は承りません。ロープで問題解決することだけに専念し、ロープ業界ナンバー1を目指しています。

2,100%の施工を自社完結

安全と品質を実現するために下請けに流しません。徹底した安全管理の元、確かな技術を持った職人のみで施工します。

3,国際ライセンスIRATA

従来のロープブランコとは違い、世界のスタンダード、世界で最も安全なシステムです。日頃よりロープトレーニングを重ねています。

  • back

業務内容

  • 1,塗装工事
  • 2,シール工事
  • 3,防水工事
  • 4,タイル工事
  • 5,打診調査
  • 6,漏水補修
  • 7,照明・看板・鳥害
  • 8,伐採・風車
  • 9,ロープアクセストレーニング
  • 10,安全対策

01,

< 塗装工事 >

建物外壁、屋根、鉄部、配管などの塗装。
プラント、鉄塔、船舶、橋梁、風車等。

  • マンション外壁塗装。
    下地補修のクラックUカット補修、爆裂補修、パターン塗装等。

  • 配管ダクト塗装
    狭くて足場が組めない箇所にロープアクセスは有効です。

  • 船舶内部の塗装
    足場が組めない環境でパフォーマンスを発揮します。

02,

< シール工事 >

構造物各所のシーリング。
タイル伸縮目地、パネル目地、建具廻り、その他ジョイントシール。

  • タイル伸縮目地及び窓廻りのシール打ち替え。
    足場を組まないので入居者様にストレスを与えません。

  • ALC目地シール増し打ち。
    ロープアクセスは大規模改修の分割工事ができるため低予算でできます。

  • 一級シーリング技能士のナベさん。
    IRATAのネットワークで知り合った師匠です。

03,

< 防水工事 >

建物屋上、バルコニー等のウレタン塗膜防水。

  • サラセーヌ通気緩衝工法。
    伸縮目地シール、クラック補修、改修ドレン等。

  • オルタック通気緩衝工法。
    自着シートによる通気システム。

  • ダイフレックスの環境対応型1液ウレタン、エバーコートによる密着工法。

04,

< タイル工事 >

浮きタイル補修、張り替え、エポキシ注入、SMC工法等。

  • 割れタイルの張替え。
    弾性ボンドによる接着は打ち継ぎ目地の上に張る時に有効です。

  • タイル下地浮きのエポキシ注入ピンニング工法。

  • 浮きタイルのSMC工法。低振動低騒音のスーパードリルでタイルに穿孔し躯体にピン止めします。 タイルに合わせて調色したキャップ付きのピンなので施工後が目立ちません。 既製品が無い古いタイルなどにも有効です。

05,

< 打診調査 >

建物外壁の劣化調査、タイル、コンクリート等。

  • 打診調査はロープアクセスが最も適しています。 調査のために足場を組むのはコストの面で非現実的です。

  • タイルの浮き、シーリングの劣化状況、コンクリート面のクラックや爆裂等、建物外装全体を調査します。

  • 大手ゼネコンでロープアクセスが認められ始めています。 スカイチェアーを指定されることもありますが、その時もロープアクセスの安全装備が有効です。 災害時のセルフレスキューも容易です。

06,

< 漏水補修 >

雨漏り診断士による散水調査から補修まで。

  • ロープアクセスはピンポントの補修工事が可能です。 仮設ゴンドラに比べても準備も計量コンパクト、コストパフォーマンスも圧倒的です。

  • ブロックガラスの目地から漏水しています。 シリコンシールで止水します。

  • 斜壁は漏水が起こりやすい。 タイル目地を入れなおし、薬液洗いの後、防水塗料を塗付します。

07,

< 照明・看板・鳥害 >

照明や看板の取付や撤去、高所の電球交換、鳩よけネット設置等。

  • 大学体育館天井の電球交換。 ロープアクセステクニックで鉄骨梁を安全に移動できます。

  • 外壁に箱文字看板を取付。 ケミカルアンカーで固定します。

  • ハト避けネット設置。 壁に特殊ボンドでベースクリップを貼付けインシュロックでネットを固定します。 壁に穴を開けずにネットを設置できます。

08,

< 伐採・風車 >

クレーンや高所作業車が入れない場所での伐木作業。
風車メンテナンス作業のサポート。

  • 本職のアーボリストの方から技術を学んでいます。

  • トップカットで根元まで伐採していきます。

  • 風力発電等のグリーンエネルギーの分野でもロープアクセスは活躍します。

09,

< ロープアクセストレーニング >

IRATAテクニック、レスキュートレーニングを積み技術の向上を目指しています。
IRATA資格取得の講習会も紹介します。

  • IRATA資格は4日間のトレーニングの後、試験が行われます。 3年で資格更新となり、Level1(作業員)、Level2(職長)、Level3(安全管理)とステップアップできます。

  • 定期的にロープアクセストレーニングを行います。 常に新しい技術と安全性を追及しています。

  • IRATAは作業員同士がレスキュー出来ることに特化しています。 常にレスキュー可能な作業計画を立て、何よりも安全が優先されます。

10,

< 安全対策 >

飛散防止メッシュシートや朝顔(防護棚)の仮設。
ロープ吊元のアンカー打設(有資格者)と強度検査。

  • 飛散防止メッシュシート設置。 塗装工事やタイル工事等は飛散、落下物の危険があるためメッシュシートを設置します。

  • ロープの切断防止には特に注意しています。 パラペットの角部には必ずアルミガードを、ロープが構造物やその他の物に干渉する箇所にはロープガードを設置します。

  • 吊元がない屋上にはアンカー打設をして強度をテストしてから使用します。 当社にはあと施工アンカー施工士が在籍しています。

to_top

bnr

株式会社4U

本社:〒204-0002 東京都清瀬市旭が丘3丁目343-46

Mail/info@4-u.co.jp

©  4U inc. ALL RIGHTS RESERVED.